進藤ヒカルVS塔矢アキラ「ヒカルの碁」




まさにここから始まった。

何度見ても色あせないお話ですね。